映画の時間

結婚・出産・退職などを機に、新築マンションの購入を考える方は多いのではないでしょうか。
不動産屋の数は数えきれないほど多いですが、大手の会社を利用するよりも地元に根付いた不動産屋を利用した方が細かい情報が得られます。名古屋の新築マンション・分譲住宅・戸建情報はまるみのすまい|丸美産業株式会社
名古屋の新築マンション・分譲住宅・戸建情報はまるみのすまい|丸美産業株式会社(marumi-sumai.com)でお探しください。

丸美産業株式会社のホームページをご覧になっていただければ分かると思いますが、エリアに特化した不動産情報が得られるので探しやすいという特徴があります。
こだわり検索があったり種別検索があったりするので、新築マンションの購入者が中古マンションに迷い込んでしまうなどという心配がありません。
物件サイトを見ればモデルハウスに出向かなくてもイメージや構造が全て分かるので、情報収集の一環として大いに活用してください。

新築マンションを購入する際に疑問に思うことなどは、住まいのお役立ち情報で解決できます。
注目のエリアや住まいの情報なども調べられるので、ぜひ活用してみてください。
丸美産業株式会社が扱っているエリアは愛知県全域・三重県・岐阜県になるので、名古屋エリア限定で探していない方でもいい物件が見つかるかもしれません。

私たちが新築マンションを購入する場合、大抵はローンを組むことになります。そのローンを組むときによく言われることが、借入金は年収の5倍以内、毎月の返済負担金は25%以内にしておけば問題ないという点です。

しかし、本当にこれらの目安通りにお金を借りて問題はないのでしょうか?実際のところよく言われる年収の5倍以内、返済負担金は25%以内というのは必ずしもあてになりません。その理由についてですが、まず年収というのは実際に私たちが受け取るお給料の額ではありません。社会保険料などの控除させるお金が含まれていませんので、実際に使える金額ではないからです。

例えば年収600万円程度の家庭があるとして、保険料などを取り除いた手取り額は500万円程度といったところです。実際に新築マンションのローンを組む場合に、年収を基準にすると思った以上に負担に感じることになります。

また、毎月の返済負担金の割合ですが、給料の25%以内にするという点は賃貸でも同じようなことが言われますが、新築マンションのローンの支払終了年齢が定年を迎える年齢を過ぎてしまう場合、定年後の支払いのプランを考えておかないといけません。定年後に働いていた時と同じような支払いをするのは困難だからです。